子育てと仕事を両立させるために意識すること





461a310ec5f9df26984165f7a75831a3_s
子育てをしながら働くためには『時間の有効活用』が重要だと思っています。
ただ時間の有効活用も重要なのですが、さらに父親・母親両方で家事や子育てを協力して行う(分業する)ことも重要だと思っています。

共働き夫婦では、子供が熱を出した時にどっちが休む?という話がよく出ますが、我が家では私と妻が半々くらいに休み、子供の看病をしています。
たまたまお互いの会社で介護休暇というのが認められているため助かっています。

他にも妻が土曜日出勤なので、自分が朝から面倒を見てたりもします。
子どもの面倒を見るために、あるいは風邪など子どもに何かあった時に対応できるように、妻がこなしていた子育て業務を少しづつ共有・教えてもらい、一人でも面倒見れるように少しづつ慣らしていったのが良かったです。

はじめはミルクの作り方もわからなったし、おむつの取り替え方、うんちの処理の仕方、食事の食べさせ方、通院している病院など、全くわからなったです。夫婦お互いに子育てで実践してきた情報を共有し、お互いに徐々に出来るものを増やしていくのが良いです。
仕事でも同じですよね。自分だけができる仕事を他の人でもできるようにマニュアル化し、ドキュメントを作り、引き継いでいく。全く同じです。

自分が子育てしていて感じたことは、父親は家事や子育てについては、今までの実践してきた時間の違いもあるので母親には勝てません。
なので、完璧を目指さない方が良かと思っています。奥さんを手伝って喜んでもらえるくらいの気持ちの方が良いかと思います。

共働き夫婦の場合、母親の仕事と子育ての負担がとても重く、母親が仕事と子育てを両立するのは本当にしんどいと思います。
母親がどんなに時間を有効に活用しようが、家事、育児などに対してサポートがなければ、1、2年は耐えられるかも知れませんが、ずっと母親が仕事を継続していくのは難しいと思います。

負担に耐えられなくなり、専業主婦になるのも良いのですが、収入の面や、社会とのつながりなどもなくなってしまう可能性もあります。
なので、なので父親がすこしハードだなくらいの感じで母親をサポートをしてあげれば、共働きは楽しい物になるのではないでしょうか?
また子育て自体が結構時間が取られるので、自分の時間を作り出すためにも無駄な時間を徹底的に排除していくことも重要ですね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク