1歳の息子に買って良かった定番の絵本7選





絵本
子どもが生まれてから1年半経つのですが、今までいくつか絵本を購入してきました。今でも読んでいて、これは買ってよかった絵本を紹介します。

スポンサーリンク



買ってよかった絵本

だるまさんが

まずは、「だるまさんが」という絵本ですが、読んであげると、だるまさんがころんだの「ぷっ」や「びろーん」という声に合わせて手を鼻に持って行ったりして「臭い」という真似をしたり、片手を上げてびろーんと伸びたりと、絵本に合わせたとても可愛いいしぐさをします。

はらぺこあおむし

つぎは「はらぺこあおむし」、この絵本はとても色鮮やかで大人が読んでも楽しめます。これは1歳の誕生日に買ったのですが、色がくりっきり、鮮やかで、子どもにとってわかりやすいのか葉っぱや卵、アオムシ、果物について、子どもに◯◯はどれ?と質問すると、指差して教えてくれます。
まだ単語についてしっかりとは話せないのですが、質問した単語に対して絵が一致しているので、子ども本人は理解しているようです。驚きです!
0歳時でこの絵本を購入しても良かったもしれません。とても長く活用できる絵本です。

きんぎょが にげた

そして「きんぎょが にげた」です。こちらも1歳の誕生日に購入した本ですが、きんぎょはどこ?と子どもに尋ねると、しっかりと金魚を指差して「こっち」と教えてくれます。
一時期毎日のように子どもが絵本を持ってきていた、お気に入りの一冊です。

しろくまちゃんのほっとけーき

「しろくまちゃんのほっとけーき」は、絵が可愛らしく、セロファンテープで補修だらけのお気に入りの絵本です。ホットケーキを作って食べるまでの過程が書かれた絵本です。1歳児からは、ある程度大人と同じものが食べられるようになり、子どもがホットケーキが好きなので、この絵本を気に入っているのかもしれません。
本当に毎日絵本が破れるくらい本を読まされました。現在はセロファンテープでページを補修中です。そのくらいお気に入りの一冊です。

くだものさん

「くだものさん」は、くだものの絵本です。折りたたみ式のしかけ絵本で、隠れている果物のページを開くと、子どもがページを閉じるてきます。ちょっとしたしかけ絵本で、面白く、長く活用できます。

0さい~4さい こどもずかん

「0さい~4さいこどもずかん」は、0歳時に購入したのですが、当時は全く反応がなく、放置されていた絵本です。しかし、子どもが1歳半になり、動物や自動車、電車、果物などに興味を持つようになり、最近は良く自分で絵本を開いて、動物などを指差して私が名前を言わされるのが日課になっています。
子ども本人は、個別の動物や、自動車、電車、果物は発音できないのですが、私が◯◯(名前)はどれ?と質問すると、該当の動物や車、果物など、を指差して教えてくれます。いつのまにか本人が動物や車、電車などを認識しているのに驚きです。

いないいないばあ

「いないいないばあ」は、0歳時のときから購入し、今でもよく読んでいます。0歳時の時は、絵本のくまさんをなでなでしていたのですが、1歳半になって、「いないないばあ」というNHK教育テレビに触発され、子ども自信が片言で「いないないばあ」を言うのですが、絵本を読んで上げると、それに合わせて「いないないばあ」を行ってくれます。片言なのがとても可愛いです。

反応がイマイチだった絵本

くっついた

「くっついた」は、様々なサイトで紹介され、おすすめ上位にランクされているので購入しました。始めは多少興味を持っていたのですが、現在はあまり興味を示さなくなりました。かわいい絵本で、絵で理解する形の絵本なので、もし0歳から読み聞かせてあげたら興味関心が変わっていたかもしれません。

まとめ

おすすめ絵本についてですが、子どもの成長時期によって興味関心が変わってくるので、今回紹介した絵本は、どんな子でも興味を示すわけではないと思います。
絵本の人気ランキング上位の本を購入したり、書店に連れて行って、反応を見て購入したりしていますが、どんな種類の絵本でも読み聞かせることで、子ども興味・関心、ボキャブラリーが増えていくので、どのような絵本でも読み続けると良いのではないでしょうか。

私自身は数多くある絵本の中から、なかなか選べないので、書籍サイトのクチコミ・レビュー等を参考にして購入したり、書店に連れて行って絵本を購入しています。絵本選びの参考にいかがでしょうか。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする