ネムリラを購入した感想!0〜1歳の寝かしつけに疲れている方におすすめ





ネムリラ

我が家には0歳時の赤ちゃんがいるのですが、なにより大変なのが寝かしつけです。
横抱き、縦抱きして上下にスクワットして眠りに入るまでに20分〜40分はかかります。そこから熟睡するまでに20〜30分はかかります。
熟睡したかと思って布団に置こうとしたら、熟睡しておらず、ぐずりが始まり、また熟睡させるために抱っこしてを何度も繰り返します。
これがかなりの労力と時間を要します。
自分の場合は、布団での寝かしつけがうまく行かず、3、4回失敗し、赤ちゃんが完全に目を覚ますというのを何度も繰り返しました。

そこで何かよい商品はないかと思い、購入したのがコンビのネムリラです。

赤ちゃんをネムリラに置いて、スイッチを押すと、自動でお母さんの抱っこのようなやさしいスイングをしてくれ、本当に赤ちゃんがぐっすり眠ってくれます。
同様の製品で自分の手で揺らす製品もありますが、ずっとそばに張り付いて揺らし続けないと行けないので、安いのですが、労力が必要で結構大変なのでオートスイング(自動スイング)の方が良いかと思います。

しかし、このネムリラでデメリットなのは、ある程度子供が眠い状態にまで持っていく必要があることです。
我が家では、眠る状態に持っていくために抱っこ紐に入れて軽く睡眠状態まで持っていき、ネムリラに置いて自動スイングで寝かせています。

泣いた状態でネムリラに置いても泣きがひどくなるだけで、全く寝ませんので注意が必要です。
また、ネムリラでの長時間睡眠は赤ちゃんの体に良くないので、夜での利用は、子供が熟睡したタイミングを見計らって、慎重に布団まで持って行って置いています。

ネムリラを使ってからというのは、今までの熟睡するまでの労力を考えると大変助かっています。肩や腰への負担もだいぶ軽くなりました。
確かにネムリラは6〜7万円ほどと高価なのですが、新生児~0歳10ヶ月頃まで利用できます。我が家では、朝寝と昼寝で毎日最低でも2回は利用しています。
ざっくり1回あたりの金額を算出してみると、70,000円÷300(10ヶ月)×2(利用回数)=117円になります。1日あたりたった117円程度なのです。
あの辛さを考えると全然安い買い物です。
1〜2時間程度はネムリラに置いておいて良いようなので、朝寝や昼寝などちょっとした子供の睡眠時には、ネムリラにずっと置いておいて、近くで本を読んだり、撮り溜めしたドラマ・映画などを見てリラックスしています。
自分の時間を捻出するために毎日サポートしてもらっています。

0歳児は眠りが浅い上に、音に敏感な上、背中が布団に接触するととても敏感で起きてきます。本当に寝かせるのが難しくとても疲れます。
もし子供を2人、3人を考えている家庭にとっては、ネムリラはずっと使い続けられる道具ですので、とても眠らせるには助かります。
0歳児の寝かしつけに疲れているなら、どうですか?




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク