場所?近さ?初めての共働き夫婦が体験した保育園の選び方





保育園

我が家では0歳11ヶ月の時から子供を保育園に預けています。

認可保育園の入園が良かったのですが、東京は本当に倍率が高く、認可には入園できなかったのですが、認証保育園に電話を掛け、もし空きが出そうという場合は、ひたすら説明会に行って聞いていました。
入園する前は必ず説明会には参加しましょう。空いているからと言って、直接拝見しないで入園した場合、子供の扱いが酷くで子供に悪影響を与えてしまう場合もあります。そのため、説明会に参加することは必須です。

我が家の体験談ですが、認証保育園を選ぶ際に重要視したポイントをご紹介します。

スポンサーリンク



駅近であること

我が家も夫婦とも共働きで、最寄り駅から都内へ通勤するので、保育園は駅近であることを重要視しました。

認可保育園なら入るためにあえて駅と逆方向でも入園したいという場合もあるかもしれませんが、認証保育園は月謝が高く、私たちは駅近であることを重要視しました。
基本的には共働きの場合、自由な時間がないので、朝の送りに行くときと迎えにいく時間の短縮は重要だと思います。
特に迎えに行くのは母親の場合が多く、夕食等の食材の買い物もあるため、帰り道にお迎えと買い物は同時に済ませたいですね。

園長先生の人柄

会社もそうですが、社風は会社のトップによって作られます。
保育園の雰囲も同じです。園長先生の人柄しだいで保育園の雰囲気や保育士さんの対応が作られてきます。そのため、園長先生を重要視しました。明るく声が大きく、子供に対して一生懸命で、子供たちから好かれている園長先生であれば、問題ありませんね。認可保育園の場合、義務化しているためか雰囲気が良くないところもありました。
ただ説明会では雰囲気以外のことはわからないので、説明会の話し方や質問の回答から、直感的に判断するしかないかと思います。
もし、園長先生の他の先生もいるならなお判断しやすいです。

給食やおやつなどの食事

保育園に通う場合、午前のおやつ、昼食、午後のおやつ、人によっては夕食まで子供に食べさせるため、
どのような食事を提供し、どのように作られているのか、きちんと確認し、見せてもらう必要があります。
もし一部を食べさせてくれるような保育園であれば、自信があるので、問題ないでしょう。
土日の説明会の場合、食事を作る場所だけ見せられるので、この場合も直感が必要です。
もしなにか不安に感じる場合、質問したり、入園を検討したほうがよいでしょう。

保育園の設立年数

説明会が重要といわれても、たかが1時間程度なので、なかなか判断することは難しいです。
そこで設立年数を参考に選んでも良いかもしれません。新規開設された保育園の場合、実績や歴史がないので、情報が少なく判断が難しいですが、ある程度設立年数の経過した保育園であれば、実績や経験値や情報があるため、新しいところよりも、古い保育園を選択しても良いかもしれません。

ネット上のクチコミ情報も多少参考になるでしょう。今の時代は、ネット上でもある程度信用度の高いクチコミ情報を掲載してるので、参考にしても良いかと思います。
東京の場合、競争倍率が高いため、あまりにも迷ってもたもたしていると、他の方に申し込まれてしまいます。
ただし説明会で知り得た情報にまさるものはありません。

保育園の過ごし方と病気になった場合

子供が毎日通う保育園でどのようなスケジュールで過ごすのか確認しましょう。
また、重要なのが保育園に預けた場合に37.5度以上の熱が出た場合です。
37.5度以上の熱がある場合、すぐに親に電話をかけてきて、絶対に迎えに行かないと行けないのか、ある程度保育園で様子を見てくれ、もしそれ以上に熱が上がる場合に迎えに行かないといけないのかでは、全然違います。

夫婦共働きに出ているため、突然熱が出たから迎えに来てほしいと言われても、すぐに迎えにいけない場合もあるかと思います。基本的にはすぐに迎えには行きますが、ある程度融通が効くのか、全く効かないのかは全然違いますので、確認して置きましょう。

まとめ

・保育園の入園を検討する場合には必ず説明会に行きましょう。
・特に保育園の立地場所と園長先生の人柄は重要だと思います。
・説明会で基本的に重要な内容は説明されますが、細かい点も質問して不安を解消しましょう。
・会社面接と同じで、自分の直感を信じましょう。

共働きの場合、特に生まれたばかりの赤ちゃんから保育園に預けるために、不安も多いと思います。
実践して良かったことは、夫婦ふたりで説明会に参加したことです。1人で判断するよりも二人で参加して判断したほうが間違いは少なくなります。二人で参加して意見が一致した保育園は間違いないと思います。また、二人で参加することで、緊張なく、色々なことも質問できます。それゆえ、夫婦二人で話し合って、協力して、保育園選びをされることをおすすめします。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする