ライフプランニング・保険の見直し相談のすすめ





人生では、住宅資金、教育資金、老後資金を抑えておくが重要とは言われますが、それぞれについて、いったいいつまでにどのくらいの資金をどのように貯めていくわからない人も多いのではないでしょうか。

自分も重要なのはわかっていたのですが、漠然としていたので、子供が生まれ、新たに生命保険を検討するにあたり、ライフプランナーという方に出会い、住宅資金、教育資金、老後資金を含め、家族のこれからのライフプランニングをシュミレーションしていただきました。

金融リテラシーは、学校教育では学ばす、社会人になってから、必要あるいは興味のある分野についてのみ学ぶことはありましたが、ただ断片的な知識だけあってもあまり意味がなく、人生全体において必要な資金についてきちんと把握することがとても重要だと感じました。

毎年の収入や支出、貯蓄額、今後購入予定のための資金計画など、将来のお金についての道筋が見えているかいないかで、共働き夫婦の仕事やお金に対する意識が変わってくると思います。
我が家では、ライフプランニングの説明を夫婦そろって聞けたことで、お互いにこれからの資金について共通の認識ができたことが何よりも大きかったです。

ライフプランナーという肩書の方がいる保険会社はそれほど多くないようです。
問い合わせをすれば、無料でライフプランニング、資産運用など金融に関する相談が無料で可能です。自分たちは事前に色々と本や雑誌、ネット等で保険を調べ、ソニー生命が一番良さそうなので、問い合わせてみました。

ライフプランナーではないですが、同様のプランナーでファイナンシャルプランナー(FP)を探して個別相談ができるサイトもあるようです。

1時間、5千円〜と有料ですが、金融商品は、申し込んで終了するまでに数百万円〜数千万円もかかるものなので、このようなサービスで信頼できそうなFPを探して相談するのも有効な手です。

自分はもともと保険に対して、同じ保障ならば安ければ安いほど良いと思っていましたが、今回ライフプランナーに会い、人件費がかかっているので毎月の支払額が数百円ほど高いのですが、もし自分に何かあった場合に、家族がすぐに連絡でき、対応してくれる方が良いのではというのと、その後のライフイベントで色々と相談ができるので、こちらのようが良いのではという認識に変わりました。

また、適した保険を探すにあたって、保険の代理店、比較サイトも検討したのですが、取り扱っている保険が限定されており、手数料が多くもらえる保険を進めてきたり、ランキング上位に表示されているものは手数料が多くもらえる商品が占めています。
代理店やネット申し込むのも良いのですが、これから数百万円〜数千万円も払うのに、申し込んだら保険証書と明細だけ送られるだけのものよりも、生涯付き合っていけそうな信頼できるプランナーを探すのありだと思っています。

総額が最大650万も変わる?無料の保険相談なら保険マンモス!

我が家では、今後住宅購入なども検討しているので、信頼できるライフプランナーが薦める保険商品の中から自分で調べた上で契約しようと思っています。

▼ライフプラン・保険選びで役立った参考書籍




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク