ベビーハイチェア比較!ストッケ、ベビービョルン、大和屋で買ってよかったのは?





ベビーチェア

ベビー・ハイチェアのメーカーがいくつもありますが、その中でもストッケ、ベビービョルン、大和屋の3つでどれが費用対効果が高いのか、購入した体験、店舗で試用を元に比較した感想を書きます。

スポンサーリンク



ストッケ トリップトラップ

まずはストッケ(STOKKE)ですが、金額が29,700円とベビーチェアの中では高級品になります。

ストッケ トリップトラップのスペックと特徴

[本体サイズ]
(外形)幅45.7×奥49.2×78.5cm (座面の高さ)42.5~56cm (足置台の高さ)11.5~52.5cm
・お子さまの安全で快適な姿勢をサポートし、家族と一緒に楽しい食事の時間を過ごせます。
・木部については7年間の延長保証登録ができます。
・座板と足のせ板は奥行や高さをお子さまの成長に合わせて調節できます。
・豊富なカラーバリエーションで、インテリアや好みに合わせた色を選べます。
・ピーター・オプスヴィックによる、独創的な北欧デザイン。

ベビーチェアを選ぶ際に、百貨店でストッケを私が座って試用した感想ですが、値段が高いだけあって、丈夫でオシャレなのは間違いありません。

もしお金に余裕があれば購入したでしょう。小学生までこのストッケを使用するなら十分買う価値がありましたが、家にダイニングテーブルとダイニングチェアがあり、おそらくストッケの使用期間が短いと思い購入しませんでした。

いま上の子供が2歳なので、まだダイニングチェアには座れないのですが、4〜5歳からはダイニングチェアで一緒に食べられるのでは?と思っています。

もし今購入しても使用できる期間が短く、費用対効果が悪そうなので諦めました。いまダイニングチェアが余分にない人や、ある程度大きくなるまでストッケを使って食べたいという人は十分検討してもよいかもしれません。そのくらいよい椅子ではあります。

ベビービョルン ハイチェア

子供が0歳のときに初めて購入しました。定価27,000円と安くはないのですが、アマゾンでは26%割引で19,980円で販売しています。購入した理由はアマゾンのレビューが多く、点数が高かったからです。

ベビービョルン ハイチェアのスペックと特徴

[本体サイズ] 折りたたみ時/約54x約26x約93cm 使用時/約54x約55x約83cm
[製造国] スウェーデン
[対象] 6ヶ月 ~ 36ヶ月
保証期間はご購入日から1年間

嫌がる子供を乗せ降ろしするのは結構、重労働です。

ベビービョルン ハイチェアならテーブルが股ベルトの役割も果たすため、子供を座らせテーブルをあげるだけなので簡単です。

また、子供のお腹周りにしっかりフィットするようにテーブルトレーを前後させられるため、イスの上に立ち上がって落ちるなどの心配もありません。

さらに使わないときにはたためたり、テーブルトレーをはずして洗えたり、「省スペース」「お掃除」といった問題も解決してくれる優れものです。

ベビービョルン ハイチェアは、アマゾンレビューがよかったので、実際に子供が0歳の離乳食の時のために購入してから使用しています。

確かにこのチェアはコンパクトに畳むことができて、テーブルも取り外して洗うことができ、その点では満足していました。

しかし、対象年齢が6ヶ月〜36ヶ月とありますが、子供が2歳のときにはお腹が窮屈になっていました。フィットするように作られているためかもしれません。

そして2歳2ヶ月のときについにお腹がテーブルに挟まって痛がるようになってしまったため、別のベビーチェアを購入しました。
結局ベビービョルンのチェアは使用期間が26ヶ月で終了しました。

たまたま我が家には、0歳の次男がいるので、今は次男の離乳食で活用していますが、0〜2歳までの使用で20,000円弱支払うのであれば、費用対効果はあまりよくないと思っています。

大和屋 すくすくSlimFit(スリムフィット)チェア

大和屋のチェアは、ホームセンターで試用して実際に購入した感想です。ストッケに比べるとデザインは少し劣りますが、12,960円とベビーチェアの金額の範囲では中間層に位置します。ベビーチェアとしての機能もまったく問題ありません。

大和屋 すくすくSlimFit(スリムフィット)チェアのスペックと特徴

[本体サイズ] W39.6×D51.6×H80.1cm
[製造国] インドネシア
[素材] ラバーウッド材
[対象] 6ヶ月 ~ 120ヶ月

大和屋 すくすくSlimFit(スリムフィット)チェアは、省スペースで使えるベビーハイチェアです。

座板と足置き板は、子供の足が届くように、成長に合わせて細かく高さが調節可能。10歳頃まで長く使えます。

座板は子供を座らせやすく、スッキリとした見た目です。T字ガードは工具を使わずに簡単に取り外すことができ、お掃除時にも便利です。スタビライザー付きで安定性も問題ありません。インテリアに合わせて3色(ナチュラル・ライトブラウン・ダークブラウン)から選べます。

機能的にはストッケとほぼ変わりありません。ベビービョルンのハイチェアで失敗したお腹周りも十分スペースが空いていてある程度長く使用できます。商品説明には10歳頃まで使用可能と書いていますが、そこまで使用する予定はないのですが、金額的にも12,960円とお手頃で、もし0歳から使用すれば費用対効果抜群のベビー・ハイチェアだと思います。

まとめ

3チェアを購入・試用した体験として、個人的には「大和屋 すくすくチェアスリムプラス」を0歳の離乳食時から購入するのがおすすめです。
結論としては、チェアとしての機能はどれもそれほど変わりないので、少しでも安くて長く使えるものがおすすめです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする